錦織 vs ラオニッチ戦の行方を占う【テニス・デビスカップ】



錦織圭・画像

男子テニスの国別対抗戦、デビスカップワールドグループ1回戦、第2試合で世界ランク4位の錦織圭選手が同62位のバセク・ポスピシル選手と対戦してストレート勝ちしました。
デビスカップは3日間で単4試合、複1試合で行われ、先に3勝したチームが準々決勝に進みます。

まずは順当に占いが当たってひと安心ですが、次回の相手は世界ランキング6位のミロシュ・ラオニッチ選手と対戦します。

ブリスベーン国際シングルス準決勝では、このラオニッチ選手に敗れていますので、ここは4位の実力を思う存分発揮してもらいたいと念じます。。

ミロシュ・ラオニッチ

ミロシュ・ラオニッチは、モンテネグロ・ポドゴリツァ出身のカナダの男子プロテニス選手。
これまでにATPツアーでシングルス6勝を挙げている。
自己最高ランキングはシングルス6位。身長196cm、体重98kg。
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

生年月日: 1990年12月27日 (24歳)
生まれ: モンテネグロ ポドゴリツァ
身長: 196 cm 体重: 98 kg

では、錦織選手とラオニッチ選手との一戦を占っていきましょう。

錦織選手 vs ラオニッチ選手戦を占う

錦織選手

錦織選手のカード・画像
月・逆位置 死神・逆位置 ワンドのキング・逆位置

ラオニッチ選手

ラオニッチ選手のカード・画像
カップの2・逆位置 ペンタクルの8・正位置 ペンタクルの4・逆位置

前回は錦織選手に「太陽カード」が出たので、錦織選手の楽勝と占って事実ストレート勝ちになったわけですが、今回は勝敗予想が難しくなります。

やはり実力が拮抗しているということでしょうか?

それぞれのカードと勝敗予想

錦織選手
月・逆位置・タロットカード画像 死神・逆位置・タロットカード画像 ワンドのキング・逆位置・タロットカード画像
月・逆位置  死神・逆位置 ワンドのキング
・逆位置

まずざーっと並べられたカードを見比べるのですが、錦織選手には「重いカード」が出現しました。
ただし、勝負ごとにはインパクトが弱いカードとなります。

ラオニッチ選手
カップの2・逆位置・タロットカード画像 ペンタクルの8・正位置・タロットカード画像 ペンタクルの4・逆位置・タロットカード画像
カップの2・逆位置 ペンタクルの8
・正位置
ペンタクルの4
・逆位置

一方、ラオニッチ選手側に出現したカードは比較的「軽いカード」の出現となりますが、勝負事には強いカードとなります。
これはペンタクルカードが2枚も現れていることで証明できます。
ペンタクル系カードは、現実性の際たるカードで、戦いには非常に頼もしくなります。

勝負事にはインパクトが弱い精神性重視のカードを選択するのか?
それとも軽いカードでも勝負ごとに強い現実性カードを選択するのか?
判断が分かれるところですが・・・

ズバリーー!!

現実にインパクトが弱くとも、比重の重いカードが並べられている錦織選手の勝ちと予想します。

 

今回の占いでそれぞれのカードを展開しましたが、一点気になることがありますした。
錦織選手に出た月と死神のカードは、特に精神状態や頭のスッキリ度を現します。
この2枚が逆位置の連携で出ていると言うことは、まだ体調が本調子でないのでしょうね・・・。
少し心配になりました。

激しく体を動かし汗をかいて新陳代謝を促しているとはいえ、プロスポーツはやはり大変なようです。

人気の記事



よろしければフォローをお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です