錦織 vs フェレール戦の振り返りと、ワウリンカ戦について占う【テニス・全豪オープン】



錦織圭

昨日(26日)オーストラリアのメルボルンで行われたテニス全豪オープン第8日男子シングルス4回戦で、我らが錦織選手が宿敵フェレールにストレート勝ちしました。

予想としては接線なら錦織ストレートならフェレールとしていたのですが、いざ蓋を開けてみますと錦織選手の圧倒でした。
この敗戦によってフェレールとしては、今後錦織選手を大の苦手としてくるでしょう。
それほどに今回の一戦はフェレールとしては大事な試合でした。

一方、宿敵を完膚なきまで叩き潰した錦織選手はプロの世界の厳しさを思う存分見せつけてくれました。。
これで敵対してくる敵を一人減らしたことになりますが もっと大事なことはこの一戦が今年の錦織選手の1年を証明していることになります。

ファンの方は今年は大いに期待してください。。

さて、大事な一戦を終えてホッとしているところですが、ここで彼がどんな精神状態で次戦のワウリンカ選手との対戦に備えているのか覗きにいきましょう。。

錦織選手の今の状態を表すカード

ソードの6・正位置
ソードの6・正位置

随分と意味深なカードが出ました。

・・といっても占い的には非常に良いカードとなります。

その意味ですが、まず、カードから受ける印象はどちらかといえば根暗といった印象です。
母と子供が背中を向けて尚且つ頭を垂れている姿・・

また、船頭も背中を向けて母と子供に後押しするかのように、静々と櫓を漕いでいます。

いかにも敗者っぽい絵柄ですが、よくよく見ますと船の前部に刀が6本立てられかけています。

これは戦利品を意味します。。

つまり戦利品を持って目的地に向かっているわけです。

もうお分かりのように、錦織選手の今の精神状態をそのまま表しているわけですが・・、実はもっと凄い意味が含まれているのです。

本来ならフェレールという宿敵をストレートで破ったのですから、もっとハイな精神状態を現す明るく派手っぽいカードが出てもいい筈なんですが、このような深く静かに潜航するようなカードが出ました。
これにより、現在の錦織選手の冷静沈着な精神状態が伺えます。。

もっと分かりやすく言うと、フェレールに「勝って当然といった精神状態」というところでしょうか。
既に戦う前から彼はフェレールを「飲んでいた」のでしょう。
・・でないとこれだけの冷静沈着カードがそうは簡単には出ません。

試合後、彼が語ったインタビューですが

「少しビックリしています。この相手(フェレール)に3セット(ストレート)で勝つのは初めてなので。ファイナル(フルセット)を覚悟していたので、大きな舞台で、こういう形で勝てて本当にうれしい」

と語っています。(が、社交辞令かも。。)

そして戦利品を抱えたまま、次戦のワウリンカ戦に臨むことができました。

戦利品 → 体力の温存

深く静かに潜航する冷静沈着な精神状態で次戦に向かう彼の精神状態は見上げたモノです。。

彼らクラスになると実力は紙一重の世界です。
その差をつけるのは何ものにも動じない精神力です。

すでにその精神力を身につけている証となります。。

ワウリンカ戦は大いに期待して良さそうです。。。

人気の記事



よろしければフォローをお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です