ベスト4なるか!? 錦織 VS ドルゴポロフ戦を占う【テニス・テルセル・オープン】

 

錦織選手がルー・イェンシュン(台湾)とのアジア対決を制して8強に進出しました。
試合時間は何と59分の省エネ運転(?)で、これから迎える試合への体力温存となりました。

今や錦織選手の実力は通常のツアーでは勝って当たり前、4大大会で初の日本人チャンピオン誕生も夢ではないことを実証してくれたのではないでしょうか。

準々決勝では第5シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦します。
ドルゴポロフ選手は2回戦で、アンドレアス・ヘイダー マウアー(オーストリア)を6-2、6-3で下しての勝ち上がりです。

アレクサンドル・ドルゴポロフ

愛称:ドルゴ
国籍:ウクライナ 出身地:キエフ

生年月日:1988年11月7日(26歳)
身長:180cm 体重:71kg
利き手:右 バックハンド:両手打ち
デビュー年:2006年

それでは、占っていきましょう。

錦織選手 VS ドルゴポロフ選手戦を占う

錦織選手のカード

錦織選手のカード・画像
カップの10・逆位置 カップのクイーン・逆位置 星・逆位置が出ました。

ドルゴポロフ選手のカード

ドルゴポロフ選手のカード・画像
ソードの6・正位置 法王・正位置 死神・逆位置が出ました。

 

カップの10・逆位置・画像 カップのクイーン・逆位置・画像 星・逆位置・画像
カップの10・逆位置 カップのクイーン
・逆位置
星・逆位置

まず、錦織選手に出たカードすべて「水系のカード」です。
しかも、すべて逆位置となって出てきました。

前々回でも述べましたが、戦いにおいて「水系のカード」が出てくるというところに一抹の不安を感じずにはいられません。
3枚のカードすべてに戦いを応援する要素が一つもないのが残念です。

法王・正位置・画像
法王・正位置

一方、ドルゴポロフ選手側に出たカード、特に真ん中の法王・正位置は自力の強さを現しています。

前回、錦織選手にこの法王カードが出たので「勝ち」を予想してしました。

今回ドルゴポロフ選手側にこのカードが出たので、当然にドルゴポロフ選手の勝ちとの鑑定になります。

・・・が、錦織選手側に出た3枚のカード全てが逆位置というのが一つのキーポイントになります。

タロットにおきましては、3枚すべてが逆位置に出た時は時として絶大なパワーを発揮する時があります。
これを、逆位置の共鳴現象と言います。

逆位置の共鳴現象について

「おーくら」は占いを始める時には、その日にどんな相談者が訪れるのか、また何人位鑑定に来るのか、常にその日の動向をタロットに聞いております。
この際に使用するのは3枚カードを原則としておりますが、時として3枚がすべて逆位置ということもあります。
そこでこの逆位置の共鳴現象が起こると、出たカード群がパワー不足のカードであったとしても、思わぬ力を発揮して10数名もの相談者がいらっしゃるときもあり、休む間もありません・・・。
嬉しい悲鳴となります。

陰転じて陽と為す

つまり、3枚のカードが一体となり団結するのです。

今回は、この逆位置の共鳴現象にかけて錦織選手の勝ちと予想します。

人気の記事



新横浜のタロット占いなら皇玄にお任せ下さい

よろしければフォローをお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です