錦織3連覇達成なるか? メンフィス・オープンの優勝を占う【テニス・全米室内】



錦織圭・画像

男子テニスツアーのメンフィス・オープンは14日、男子シングルス準決勝が行われ、自身初の大会3連覇を狙う錦織圭が2010年度優勝者サム・クエリーをフルセットで下し自身初となる3連覇に王手をかけました。

惜しくも「おーくら」の占い予測は外れてしまいましたが、判定不能なカードの連続で苦心させられます。

それにしても3試合連続の逆転勝ちで決勝にまで進んだ錦織選手のタフな精神力は賞賛ものです。

泣いても笑ってもあと1勝で3連覇達成です。
ここまで来たからには何としてでも勝利を手中に収めてもらいたい!!

ケヴィン・アンダーソン

2月9日現在ATPランキング 15位(2125p)

■国籍 南アフリカ
■生年月日 1986年5月18日
■性別 男
■利き腕 右利き
■身長 203 cm
■体重 89 kg
■プロ転向日 2007年
■昨年度最終ランキング 16位

次戦の相手はこれまた2mの大男ですが、小柄な錦織が大男を翻弄する技術を披露して日本国民をスッキリとさせてくれることでしょう。
では、さっそく占ってみましょう。

2015年度メンフィス・オープンの優勝を占う

錦織選手 アンダーソン選手
ペンタクルのエース・逆位置・画像 カップの2・正位置・画像
ペンタクルのエース
・逆位置
カップの2・正位置

錦織選手に出たペンタクルのエースカードは超現実性のカードで、勝利 受胎 繁栄 を意味します。
絵柄を見て頂ければ分かるように手の平に乗る金貨は文字通りマネーそのもの、つまり「優勝」を意味します。

・・・が、逆位置なので金貨は手から落ちざるを得ません

せっかく手にした金貨を自ら逃してしまう、ということを物語っています。

3試合連続の逆転勝ちとフルセット戦ってきた疲労がここにきてピークに達してきたのでしょうか?
足の状態も今イチのようです。

一方、アンダーソン選手に出たカップの2カードは、満足 バランス 平和 を意味します。

ハッキリ言えば、戦いにこのカードが出てくるようでは、臨戦態勢が整っていませんが、勝ち負けの判断をするのであればこのケースに限っては「勝ち」ということになります。

それも、漁夫の利に近い勝ちになるでしょう。
(試合は一方的な展開になるかも?)

つまり労せずして勝ちが転がり込む・・ということになります。

どうやら優勝はアンダーソン選手という判定結果になりました。

今回は、過去何回か占った中で最も判定しやすいカードとなりました。

これで錦織選手が勝つということになれば「神様のいたずら」というしかありません。

あと、「おーくら」自身、錦織選手に負けて欲しいなどとはこれっぽっちも思っておりません。(何度も言ってすみません)
あくまで、カードを読み取った結果、であるということをご理解いただければ幸いです。

人気の記事



よろしければフォローをお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です