錦織 vs ヒラルド戦を占う【テニス・バルセロナ・オープン・第2戦】



錦織圭・画像
thetennisdaily.jpより引用
バルセロナ・オープン2015の2回戦で錦織選手がティムラズ・ガバシュビリ選手に順当にストレート勝ちしました。
予想通りウォーミングアップ程度に軽く1勝といったところです。
連覇なるか? 錦織圭 vs ガバシュビリ戦を占う【テニス・バルセロナ・オープン・初戦】

次戦の相手は、昨年の決勝で戦ったサンティアゴ・ヒラルド選手(27歳、コロンビア)です。

サンティアゴ・ヒラルド

サンティアゴ・ヒラルドは、コロンビア・ペレイラ出身の男子プロテニス選手。
現時点では、ATPツアーでまだシングルス・ダブルスとも優勝はない。自己最高ランキングはシングルス28位、ダブルス147位。右利きの選手。

生年月日:1987年11月27日(27歳)
生まれ:コロンビア/ペレイラ
身長:188 cm 体重:75 kg

決勝を戦った者が3回戦で顔を合わせるというのも早すぎる・・といったところですが。
相手はコート別の勝率でクレーが最も高いクレー巧者。
2回戦をフルセットで勝ち上がったヒラルドは「錦織は素晴らしい選手だが勝つ自信はある」とリベンジに意欲を見せています。

一方、錦織選手も2連覇を狙う以上は、ここでつまづいてはいられません。
ランク上位者の実力を思う存分発揮して、またまたストレート勝ちで「錦織には敵わない」と強く強く潜在意識に刻み込ませる必要があります。。

『両者の本年度の戦績』
錦織 ⇒ 21勝5敗「勝率:8割強」
ヒラルド ⇒ 9勝10敗「勝率:4割7分強」

強気のヒラルド選手ですが、本年度の戦績を比べてみますといま一つのようです。

それでは、錦織 vs ヒラルド戦を占っていきましょう。

錦織 vs ヒラルド戦を占う

錦織選手

錦織選手を占うタロットカード
カップの2・正位置 タワー・逆位置 ソードの8・逆位置

ヒラルド選手

ヒラルド選手を占うタロットカード
カップのペイジ・正位置 ソードの4・正位置 カップのクイーン・正位置

出ましたーー!!

さてさて、いきなり錦織選手に大変なカードが現れました。
絵柄を見て頂ければお分かりのように、2・3枚目のカードが要注意というか、完璧に敗者を示します。

これは試合に負ける・・・ということもありますが、何らかのアクシデントを意味します。
つまり、体調不良か故障によってのリタイアを意味します。

1枚目のカップの2・正位置はとても良いカードなんですが、2・3枚目の陰の連携には勝てません。
勝つ要素は・・・、10%くらいなものとなります。

表出されたこのカードで錦織選手の勝ちと予測するのは、どんなヘボ占い師でもまずいないでしょう。

一方、ヒラルド選手に出たカードも勝ちに結びつくカードではないんですが、錦織選手に出たカードと対比した場合、「勝利」と判断せざるを得ません。。

仮に、今回錦織選手が勝ったとしても、陰の極致カードが2試合目で現れるようでは、決勝は遥か遠き道となります。

人気の記事



よろしければフォローをお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です