昨年無事復帰を果たした浅田真央の「前世」を占う

今回は、有名人占い.comで初のリクエストがありました話題を取り上げていきます。

だいぶ時間がたってしまいましたが…、読者様からの要望で、浅田真央さんの「去就」を占って欲しいとのご希望がありました。

ご要望にお応えするべく、記事を作成している最中に、肝心のPCの故障と私的なトラブルで記事のアップが困難になってしまった次第です。

ご要望者氏名:N様
はじめまして。リクエストなのですが、浅田真央さんの去就をタロットで見てほしいです。

※本人に確認をとってないので、お名前は伏せました。

既に真央さんは復帰をされて活躍中のため去就を占うことはできませんでしたが、今回は西田様のリクエストとは、少し意向が違いますが、別の形でお応えしたく存じます。

 

それは・・・・・

ズバリ!!

真央さんの「前世を占う」ということです。

有名人占い.comで初の試みで、画期的なことになります。

前世という異次元な世界をタロットで追及していくという、広大で壮大なロマンとなります。

占いという、目には見えない人間の運勢を日常のワークにしていますと、時として、どう考えても「あの世のからの約束ごと」と思わざるを得ないほどの現象にまま立ち会うことがあります。

それは、特に人間同士での男女間で垣間見ること多かりしです。

俗にいう「相性定義」というものなんですが、
どう考えても、現世の結びつき・・・だけでは説明できないほどの相性の結びつき、が見られることがあります。

その相性のすばらしさ、というのを表現するならばプラスとマイナスの合体は、まるで「光のように輝いている」といったところでしょうか。
それはあたかも、山頂から現れる朝日のように神々しいほどの結びつき・・のようなのです。

そのような、素晴らしい相性を見ますと、どう考えても「あの世からの約束事」のように解釈するしかありません。
これは、時として、親子間でも見られるし、恋人同士でも見られるし、他人同士でも見られるし、兄弟、姉妹同士でも見られます。

この前世からの約束ごとのような相性の良さを、恋人同士、夫婦間、他人どうしで拝見しますと、マコト素晴らしい出会いだな・・・と時として羨ましくもなるほどです。

先日、東京・銀座で鑑定した有名ギタリスト一家も、実に素晴らしい相性の良さでした。
奥様曰く「子供のときに何回かTVで見ていたんですが、なんか変なおじさん」というイメージしかなかったそうなんですが、幾歳月の後、ヘンなおじさんのヘンな奥様席に座ることになったそうな・・・。

TVで見かけた変なおじさんと夫婦の縁組をもつ・というのも、やはり、なにか目に見えないミラクルが働いていたというしかありません。
※ちなみにこのご夫婦は、親子ほども年齢が離れています

また、子供さんの星を拝見しますと、まるで音楽家になる為に生まれてきたような星の組み合わせなんです。
何年かのちには、親御さんを遥かに凌ぐギタリストになっていることでしょう。。

さてさて、前置きが長くなりましたが、本題の真央さんがいかなる前世をお持ちなのか、過去をたどっていきましょう。

浅田真央選手の前世を占う

スプレッドは「プレビアスの舟」を用いました。

前世を占うカードのスプレッド「カードの形」は何種類もあるのですがこのプレビアスの舟は非常にバランスの取れた形で私の好むところです。

この他、生命の樹やケイローンの弓などがあり、展開の仕方では30数枚ものカードが机上に開かれていきます。

それでは、浅田真央さんの前世を占っていきます。

スプレッドの見方、読み方としては、

カード12枚のうち、
左側3枚を『前世』

下の3枚を『カルマ(業)』

上の3枚を『今世での役割』

右側の3枚を『今世での使命』

というポジショニングになります。

ちなみに、タロット占技において、このポジショニングというのはタイヘン重要な意味があり、ポジションが決まってこそ、その場所「空間&時間」に置かれたカードの意味合いが、変幻自在に展開されていくこととなります。

もし、ポジションが決まなければ、カードは、ただ並べられているにすぎません。

それほどに、重要な意味が含まれていることをご理解くださいませ。

浅田真央の前世を占うカード

出ましたーーー!!

気になる浅田真央の「前世」は?

ソード系「刀」のカードが3枚連なっております。

どうやら浅田真央さんの前世は、戦いに明け暮れた時代に生まれたようです。

15~6世紀の中世ヨーロッパ辺りかと思われます。
なかなかどうして、豪傑というか、男勝りの少女時代を送っていたようです。

3枚目のカードから伺えるように、うら若き乙女が、男の髪の毛をつかんで引きずり回しています。
引きずられた男は、「許してください・・」と手を合わして拝んでいるのにも係らずです・・・。

両者の力関係が、決定的であることを伺わせます。

どうやら浅田真央さんの前世は、かなり力のある領主の家柄に生まれたようですが、王女様という立場ではなかったようです。
それは、裸足でいることから推察されます。王女様なら裸足で歩くことはあり得ないでしょうから。

抵抗できない小作人を縦横無尽に振り回しています。

どうやら前世においても戦いに明け暮れた時代に生まれて、今世においても、スケートという形は変わっても、やはり戦うことにフイールドが置かれているようです。

浅田真央さんの前世は、力のある領主に生まれた我が儘な一人娘だったようです。

実戦鑑定では、このあと、「カルマ」「今世の役割」「今世の使命」と続いていきます。

人気の記事



新横浜のタロット占いなら皇玄にお任せ下さい

よろしければフォローをお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です