日本での再デビューはいかに?松坂大輔選手2015年の活躍を占う

9年ぶりに日本プロ野球界に復帰した松坂大輔(福岡ソフトバンク)の身辺が騒がしい。
かつて甲子園でPL学園高校を相手に延長17回という長丁場の試合に250球を投げ完投勝利を上げた平成の怪物も早や34才になります。

プロ入団後は高卒史上初となる新人年からの3年連続最多勝を獲得して沢村賞を獲得、また第1回・第2回ワールド・ベースボール・クラシックで2大会連続となるMVPを獲得し、華々しい活躍の後メジャーに転じました。
メジャーデビューした当初はさすが日本のエースと大いに期待されたものだが、その後泣かず飛ばずの選手生活を送ってきました。

松坂大輔

まつざか だいすけ
松坂 大輔は、東京都出身のプロ野球選手。右投げ右打ち。福岡ソフトバンクホークス所属。

生年月日: 1980年9月13日 (34歳)
生まれ: 青森県 青森市
体重: 84 kg

配偶者: 柴田倫世 (2004年から)
年俸: 150万アメリカ合衆国ドル (2014年)
背番号: 16 (ニューヨーク・メッツ / 投手)

その松坂大輔が9年ぶりに日本での再デビューとなりました。

今日は果たして松坂選手がかつてのような快刀乱麻のピッチングを見せてくれるのか、またどれくらいの勝ち星を上げるのか占っていきます。

松坂大輔の今季を占うカード

ソードのナイト・正位置 画像
ソードのナイト
・正位置

出ましたーー!!

ソードのナイト・正位置です。

このカードは早さ 速い スピード 攻撃 強い意志を現します。

つまり本人は強い意志をもって早々と結果を出すために目的に向かう、となりますが、かなりの苦戦必至となります。

なぜならば、周りの期待があるためにとりあえず「1勝」を目指しているようですが、相当な焦りが見受けられます。
と、共に矛盾も同時付随します。

絵柄をよく見てください。

雲と松の木が風の強さに流されて右に傾斜しているにもかかわらず、騎士は逆らうかのように逆行しています。

それも過去に逆行しています。
タロットは「向かって左を過去 右を未来」と解釈します。

いかに勇敢な騎士とて自然の流れに勝てるわけはないんですが、あえてその無謀さに挑戦しているところは「無謀・矛盾」以外の何物でもありません。

この騎士は、もちろん松坂選手本人です。

ソフトバンクは松坂選手に4年・16億円の破格大型契約を結んだようですが、とんだ買い物になってしまったようです。

勝ち星はよくて年間3~4勝といったところでしょうか?
負け数はその倍はいくでしょうね。

日曜特番・サンデーモーニングで王会長が反対が80%だったんですが、あえて取った、とコメントしましたが、反対派と占い予想とが一致しました。

プロの世界の、特に投手のようなフィーリングを大事にする世界は、我々素人には想像もつきませんが、絶好調のフォームを取り戻すことはもう不可能でしょう。

ただし、先発限定ではなく2~3回の回数限定にするのであれば選手寿命は延びることと思われます。

もう一つ気になる部分は「松坂選手本人の精神的なありかた」です。
数々の修羅場をくぐり抜けてきた剛の者と思えないほど考え方が楽観的です。

もちろんポジテイブ思考ということであれば問題ないですが、彼からは「日本プロ野球を甘く見ている・舐めている」といったところを感じるのは私だけでしょうか・・・。

人気の記事



新横浜のタロット占いなら皇玄にお任せ下さい

よろしければフォローをお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です